2011年10月29日

ゴミ箱のワケ

10/23のブログに載せた写真を見て、あるお方より、

「あのオレンジのゴミ箱って、キッチン用っぽくない?」とのご指摘・・・ごもっともでございます σ(^_^;) 

         20111024_00.jpg


バロンの数少ない得意なモノ。

それは、フリーでお留守番できること!( ̄‥ ̄)b

だったよね。。。

子供の頃から、食べ物が置いてあってもテーブルの上には絶対に手をかけないし、

ゴミ箱の中のものに興味を持つこともなく、5〜6年は平和な日々だったのに。。。。。


「なんか、ボクの悪口が始まりそうなヨカン・・・しらんぷりしょ!!」
20111024_01.jpg



そもそもの発端は、リビングのゴミ箱のなかの物が 地味に2〜3個落ちてたことがあった。

それが2回くらい続いたところで、なんとなく蓋付きのゴミ箱に変更。

なのに、また丸まったティッシュが 下に落ちてる?んっ??

でもこの時点でも、なぜか100%バロンを信じてるワタシ。。。


「信じるものは・・・だまされますよ!ギロっ!」
20111024_02.jpg



それからしばらくして、バロンが鼻先でゴミ箱の蓋をツンツンと持ち上げてる瞬間に遭遇。

見てはいけないものを見てしまったワタシ。。。 o(;△;)o エーン

軽い蓋がただ上にのってるだけのシンプルなゴミ箱ごときで、

一度でも一線を越えてしまったバロンを抑えることなんて できるわけなかったよ・・・。


それで、蓋が重くて&蓋と本体がツライチで鼻をひっかけられない

&蓋を閉めるときに なかなか賑やかな音がする(←怖がりサン にはコレ重要なポイント!!)

の3つの条件をクリアしたこのゴミ箱が、バロンと対峙することになりました(笑)


「アイツは なかなかの強敵です。しまるときに バン!って音がするからコワイですよ・・・。」
20111024_03.jpg



このゴミ箱が我が家にきてから、もう1年くらいはたつかな?

もちろん無敗・・・我々の完全勝利です!( ̄‥ ̄)v



他にも、1年半ほどブログを放置していた間に、バロン用に増えたもの。

めずらしく・・・いや 人の好意がマッタク通じないバロンさんが 初めて気に入ってくれたベッド♪

         20111024_04.jpg


おそらくバロンには小さ目のこのサイズが、包まれ感があっていいみたい♪

20111024_05.jpg


最近寒くなって、さらに人気物件に (●´ω`●)ゞヤッタネ!

20111024_06.jpg



あとね〜そうそう 「トリミング台もどき」!( ̄∀ ̄)b 

         20111024_07.jpg


これは散歩のあとの毎日のドライヤー&ブラッシングの時、

床にしゃがみこんで何年も格闘してたけど、

コレが結構お年頃?のワタシの腰には厳しかった・・・。

でも本物の?トリミングテーブルって大きくて 重くて、そしてお高い。。。

         20111024_08.jpg


でもこれなら 小さくて 軽くて たためるから場所をとらないし、安い!!

それに、なんといっても台のスペースがバロンにとってはギリのサイズしかないから、

逃げ場がなくて 暴れたくても無理 ( *^艸^)プッ

今では毎日大活躍です!


あとは バロンによかれと思ってGETしたものも、ほとんどは空振り続きかな。

ホント 人の好意を無にするオトコです ε=(。・`ω´・。)


☆ おまけ ☆

ベネチアで買ったベネチアンガラスが 1ヶ月待って やっと届きました。

         20111024_09.jpg

今回は、一番上の段の花瓶と、下の段のペアの人形、どちらもモザイクです♪

20111024_10.jpg


真ん中の段の水色のプレートは15年ほど前に行った時に、

ベネチアンガラスでは 色が珍しいなぁ〜と思って購入したもの。いい記念になりました (*´ω`*)

         20111024_11.jpg

ニックネーム koropi at 17:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

ツル☆ピカ

ねぇねぇバロンさん♪

20111024_01.jpg



寒くなる前に、そろそろカットしちゃう??

「なっ なんですと? (  ゚ ▽ ゚ ;) 」 @BARON

20111024_02.jpg



数時間後。。。。。


「ボク、ツルツルに サレマシタ・・・。」@BARON

20111024_03.jpg



それからというもの、日向を渡り歩くか、 みずからベッドにIN♪

         20111024_04.jpg



「キモチ がいいです。。。。。」@BARON

         20111024_05.jpg



見事にすっぽりとハマって ベッドと一体化中〜♪

20111024_06.jpg



「暑いのはニガテ・・・。寒いのもキライ・・・。でも お洋服を着るのは 大・大・大キライ!!!」 @BARON

         20111024_07.jpg



急に寒くなりましたね〜。

いつも以上に節電の冬。さぁ、今年はどうやって乗り切るかな・・・。

20111024_08.jpg
ニックネーム koropi at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

新しいカメラ

いつも旅行前に悩むこと。。。 カメラはどうする? レンズはどれ??

やっぱりね、デジイチ本体だけでも重いのに、いつも一緒に持っていく広角レンズが重い&デカイ!!

だけど、今度いつ行けるかわからないのに、やっぱ一眼持ってけばよかったって思うかな〜

これ、毎度お決まりの堂々巡り。。。(o´_`o)ハァ・・・



今回の旅行前に、「軽くて そこそこ撮れる」 折衷案?として急遽 ミラーレス一眼をGETしました。

20110830_01.jpg


お決まりのバロンさん。 このポジションだけは 絶対にはずしませんよ (*^囗^)b

20110830_02.jpg


購入したのは、SONYのミラーレス一眼 NEX-C3

18-55mm望遠レンズ・16mm単焦点レンズ・超広角コンバーターの3本


E18-55mm F3.5-5.6 OSS 装着時         E16mm F2.8 装着時
20110830_03.jpg 20110830_04.jpg


E16mm F2.8に ウルトラワイドコンバーターVCL-ECU1 を装着 12mmF2.8 超広角レンズとして
20110830_05.jpg 20110830_06.jpg


右下の16mmF2.8+ウルトラワイドコンバーターで、35ミリ換算でも18mm!そして軽い!!

我が家の「EOS Kiss DN」さん、さすがに古いだけあって、新しいものに比べたらそれでも軽いかな?

だけど、レンズの重さはどうしようもない。。。試しに今回はお留守番をお願いすることにして、

おNEWのミーラーレス一眼(パパさん担当)と、コンデジ(ワタシ担当)に決定!

ほとんど練習することもなく、ぶっつけ本番で旅のお供となりました〜(●´ω`●)ゞ


今回Kissは持っていってないので比較のしようがないケド、

サン・ピエトロ大聖堂で、2台で同じような写真があったので比べてみると。。。。。


     NEX-C3 + E18-55mm (ミラーレス一眼)で撮影
20110918-11.jpg

         IXY DIGITAL 2000IS (コンデジ)で撮影
20110918-12.jpg


     NEX-C3 + E18-55mm (ミラーレス一眼)で撮影
20110918-13.jpg

        IXY DIGITAL 2000IS (コンデジ)で撮影
20110918-14.jpg


     NEX-C3 + E18-55mm (ミラーレス一眼)で撮影
20110918-15.jpg

        IXY DIGITAL 2000IS (コンデジ)で撮影
20110918-16.jpg



ホテルの5階の窓から撮った 移動遊園地     手持ち+望遠で撮ってコレ・・・・・十分ですよね!
DSC00367.jpg



我が家のイチデジさん、バロンに近いお歳なので、これなら遜色ないかもね (*´ω`*)


バロンさんにモデルをお願いすると、通常モードで。。。

20111022_01.jpg



これを ピクチャーエフェクトを使って「トイカメラ」のモードで撮ると。。。

20111022_04.jpg

20111022_02.jpg

20111022_03.jpg


相変わらずバロンさんが「真顔」なことは、この際おいといて・・・

すっかり手にする機会が減ってしまっていたカメラで しばらく楽しめるかな〜(*´ω`*)
ニックネーム koropi at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

2011 イタリア旅行記6

イタリア旅行7日目は、朝早く ホテルを出発してナポリ港へ

心配してたお天気は良好♪ ナポリ港からカプリ島へ向かいます。20110920-01.jpg


昨日のヌォーヴォ城を港側からみながら出発です♪

         20110920-02-2.jpg


ワタシにとっては最強のお供の「酔い止めドリンク」を飲んで準備万端です(o^―^o)v

20110920-03.jpg


あんなに大きな客船なら、どれだけ波が高くても平気なのかな?

20110920-04.jpg


朝日に照らされた ヴェスヴィオ火山

20110920-05.jpg


ナポリの街が遠ざかって行きます。 さてここでお気付きでしょうか。海面が斜めなコトに。。。

20110920-06.jpg


この後、パパさんもカメラを持つのをギブアップするくらい、船は上下左右にドえらいことに・・・(号泣)

それに加えて、尋常じゃない寒さ・・・。ダウンを着てた方もいたけど、きちんと下調べしてたのね。

その上、45分位でカプリ島に着くハズが、1時間たっても島の姿すら見えない・・・o(;△;)o エーン!

先頭付近に乗ってた方のお話によると、大きな波を避けるように かなり大回りして航行していたそう。

デッキから下の階に降りるのも恐怖を感じるくらいに揺れて、年配の方は動けなかったみたい。。。

結局、30分遅れくらいで、ようやくカプリ島が見えてきました!

20110920-07.jpg


やっと陸に上がれる・・・・・もう限界だよ (P口`q。)ホロッ 

20110920-07-.jpg


今までワタシにとっては無敵だった心の友 「酔い止めドリンク」 の初めての敗北でした(涙)

集合したメンバーで一番ダメージの大きかったのは、なんと真っ青な顔した添乗員さん!

やっとの思いでたどり着いたカプリ島だけど、最大の目的 「青の洞窟」 への船はすべて欠航!!!

このために、南イタリアが組み込まれた 直行便でもなかったツアーを選択したのに。。。

オーストラリアのエアーズロックに続いて、またもやオアズケなワタシたちって、ホントついてない。


でもまぁ あの後すぐに小船に揺られてプカプカなんてことになってたら、

ワタシも完全に終わってたと思うケド・・・(爆)


港には、出番を失った船がイッパイでした。

20110920-08.jpg


仕方がないので、ケーブルカーに乗って、ウンベルト1世広場 まで上がると、

こんなにお天気はよかったのにね〜、海は厳しいですホント(笑)

20110920-09.jpg


このウンベルト広場には、多くのブランドショップが立ち並んで、

かつ、青の洞窟がキャンセルになったおかげで自由時間はたっぷり!!!

こうなったら半分ヤケクソで、二人で予定外の買い物三昧♪

この時、空前の円高 ユーロ安で、確かにお買い得だったとはいえ、

ブランドショップを渡り歩いて、お祭り騒ぎのオトナ買い・・・o(^O^o)(o^O^)o

結果、大きな荷物を抱えて帰るハメになりました・・・(汗)


そして、カプリ島に渡ってきたからには、また船に乗って帰るしかない!

帰りはナポリより近い ソレント までだったので、なんとか無事に帰れました。



このあとは、アマルフィ海岸

海岸線の細い道を、クネクネとひたすら進んでいきます。

あの船の後に、このドライブでトドメをさされて ダウンした方もチラホラ。。。



まずは、夏場には高級リゾート地として世界中から有名人が詰め掛けるという ポジターノ

20110920-10.jpg


20110920-11.jpg


20110920-12.jpg



本来なら、青の洞窟に続いて訪れるはずだった「エメラルドの洞窟」↓ こちらもキャンセル・・・(涙)

20110920-13.jpg


20110920-14.jpg



アマルフィが近づいてきたところで大渋滞!

20110920-15.jpg


カプリ島に渡れなかった観光客が流れてきたらしく、バスは身動きとれず(爆)

20110920-16.jpg


穏やかな海岸とは裏腹に・・・・・、

20110920-17.jpg


クラクションが鳴り響く、アマルフィの街なのでした。。。

20110920-18.jpg



8日目はもう日本へ向けて出発です!

あっという間のイタリア縦断(笑) またイタリアに来ることがあったら、

今度はフィレンツェとローマに絞って、自分の足で満喫してみたいなぁ〜♪



長いコト バロンの出番ナシの旅行記に お付き合いありがとうございました。





ニックネーム koropi at 17:01| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

2011 イタリア旅行記5

イタリア旅行6日目は、南イタリアへ

ローマより南下するのは 今回初めてです♪


まず向かったのは ポンヘイ遺跡


ポンペイはローマ帝国時代栄えた都市で、劇場、神殿、公衆浴場、商店などが建ち並び、

水道や舗装道路なども整備された商業都市として発展していました。

ところが、西暦79年の ヴェスヴィオ火山 の大噴火によって街は一瞬のうちに灰に埋もれ

18世紀に発掘されるまで 忘れ去られた古代の遺跡は、

古代ローマの都市と人々の生活ぶりを ほぼ完全な姿で今に伝えています。


正面にそびえるのは、人々の生活を一変させた ヴェスヴィオ火山

20110919-01.jpg


街への入り口(マリーナ門)は、2つのアーチに分かれていて、

一つは歩行者用、もう一つは荷馬車などが通過するためのものとして利用されていたそう。

20110919-02.jpg


発掘によって現れたポンペイの街は、整然と区画整理されていて、

舗装された道路は、馬車は中央の車道、歩行者は左右の歩道を通るよう分けられていた。

         20110919-03.jpg
         

20110919-05.jpg


アポロ神殿
20110919-06.jpg


ジュピター神殿
20110919-07.jpg



20110919-08.jpg


水道の蛇口  1900年前ですよ!信じられなくないですか!!
20110919-04.jpg


20110919-09.jpg


公衆浴場の中
20110919-10.jpg


浴場のなかの水飲み場。真ん中から泉の水が湧いていたらしい。
20110919-11.jpg


お風呂の前には居酒屋  丸い穴のなかにワインの壷を入れていたそう
20110919-12.jpg


         20110919-13.jpg


昔もこんなに混雑してたのかな?
20110919-14.jpg


ヴェスヴィオ火山・・・こうして見ると、やっぱり近いですよね。。。

噴火前は、2つに分かれた山頂は1つで、高さも今の倍の高さがあったというから、

その迫力がどれほどのものだったか、想像できますね。。。

20110919-15.jpg


遺跡の一角には、ポンペイ遺跡の出土品が展示されていました。

灰で埋まった遺体は、朽ちた部分に空洞ができて、

その空洞に石膏を流し込み、人や動物の 最期の時を復元しているものも。

思わず目を背けたくなる光景に、居たたまれなくなりました。。。

今回の見学は、広大な遺跡のごく一部だったそうで、

1900年もの昔の生活水準の高さにビックリです!!



遺跡の外に出ると、あっという間に現実の世界に戻って お土産物やさんがズラリ!

どこにでもありがちな この商魂たくましい光景に、なんだかホッとしたかも。。。

20110919-16.jpg




ポンペイ遺跡を後にして ナポリ


ヌォーヴォ城  円塔が特徴的で、なんだかフランスの古城っぽい。

20110919-17.jpg



最近ナポリはゴミ問題で有名になっちゃったけど、ここのゴミ箱は回収されてるみたい(笑)

20110919-18.jpg



世界3大夜景といわれるナポリの町の絶景ポイント ポジリポの丘 にやってきました♪

ただ、夜景じゃないけど・・・(笑)


ヴェスヴィオ火山  山の中腹近くまで建物があって、緑も広がってます。長く噴火はしてないのかな。

20110919-19.jpg


ナポリの街並み  夜景じゃなくても、とっても綺麗でした♪

20110919-20.jpg



サンタ・ルチア港に浮かぶ 卵城  これがコンデジの望遠の限界です・・・

なんだか巨艦のようにもみえますね〜・・・後で近くに行きます

20110919-26.jpg


美しい光景に見とれていると、急激に雲行きが怪しくなってる?(゚Д゚;ノ)ノェエエ工

20110919-21.jpg


翌日は青の洞窟にチャレンジするから、どうかお天気よくなりますように。。。

実はこの日、ワタシ達の観光の間だけ奇跡的にポンペイも いいお天気だったみたいで、

ナポリの町はスコールがあったり、強風で波が高くて、青の洞窟へ向かう船どころか、

ナポリからカプリ島へ渡る高速船すら欠航便が出ていたみたい。

嫌〜な予感を胸に、港に下ります!



ヴェスヴィオ火山 の手前に卵城が見えてきました。

それにしてもよくまぁこんなに詰めて係留できますね〜
 

20110919-23.jpg



あれっ?港におっきなビル??かと思ったら、どこかでみたような船が(爆)

20110919-24.jpg


ベネチアで遭遇したあの船です!

あの時の添乗員さんの懸念が見事に的中して、ポンペイでも、この船のマークを胸に張った

半端じゃない人数のご一行様に遭ってたんですよ!ご縁ですね〜(笑)



ポジリポの丘から 遥か彼方に見えたサンタ・ルチア港に浮かぶ 卵城 です。

20110919-25.jpg

ナポリを支配したノルマン人が要塞として建造したもので、城を築く際に、基礎に卵を埋めて、

「この卵が割れる時は、城はおろか ナポリの街まで危機が迫る」と呪文をかけられたという伝説から

通称「卵城」と呼ばれているそう。

この時点で、海は写真でみるより波が高くて、風も強かった・・・さぁ明日はどうなる。。。



つづく。
ニックネーム koropi at 09:35| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする