2011年10月11日

2011 イタリア旅行記3

イタリア旅行4日目は、ホテルを出発して フィレンツェ


サンタ・クローチェ教会  やさしい色彩のファサードが綺麗♪

         20110917-01.jpg

ミケランジェロやガリレオ、ロッシーニなど、多くの偉人が埋葬されている。 

20110917-02.jpg



シニョーリア広場に向かう途中、ヴェッキオ宮殿の時計塔「アルノルフォの塔」が見えてきました。

現在はフィレンツェの市庁舎になっています。

         20110917-24.jpg     


シニョーリア広場に到着!ヴェッキオ宮の全体像は目の前に立つと近すぎて撮れてなかった。

入口正面にはミケランジェロ作 「ダヴィデ」像・・・のレプリカ(オリジナルはアカデミア美術館に展示)

         20110917-26.jpg


ヴェッキオ宮の前には、ゴシック様式のアーケードを持つ ランツィのロッジア があります。

20110917-05.jpg



この先はいよいよ ウフィッツィ美術館 の見学です。

ツアーであらかじめチケットを予約してくれていたとしても、やっぱり並ぶ!これ基本(笑)

空港なみの手荷物検査を受けてやっと入場です。

もちろんカメラ撮影は禁止!


ガイドさんの説明がとてもわかりやすくて、初期ルネッサンスの平面的な宗教画から、 

遠近法が生み出されて聖母像などがより人間らしくなっていく中期ルネッサンス、

マニエリスムが登場する後期ルネッサンスまでを年代順に追っていきます。

そしてこの後はルネッサンスの巨匠、ダビンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチェリなど

芸術には疎いワタシでも知ってる絵画が続々登場!

ボッティチェリの間では、有名な「春」や「ヴィーナスの誕生」

レオナルドダビンチの「受胎告知」、ミケランジェロの「聖家族」、ラファエロの「ヒワの聖母」。。。

どれもこれも、大塚美術館で見たことはあったけれど (← きゃ〜!笑って許して・・・!!)

今回はすべて本物でした!!メディチ家の財力のおかげですね(爆)


ウフィッツィ美術館とアルノ川対岸のピッテイ宮殿を結ぶ ヴェッキオ橋

20110917-03.jpg

この橋の上に、かつてはメディチ家の秘密の通路だった ヴァザーリの回廊 があるそう

20110917-04.jpg
窓外は撮影OKらしく、ウフィッツィ美術館で撮った唯一の写真。


ウフィッツィ美術館をあとにして、ドゥオモ広場に向かいます。

レプッブリカ広場 凱旋門  

         20110917-06.jpg

左手前には何故かメリーゴーランド。

ミスマッチな気がするけど、そういえばパリのサクレ・クール寺院の前にもあったっけ?



ドゥオモ広場に向かうと、見えてきました!


ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

ローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院についで、世界で3番目の大きさ!!

下から見上げると、大きすぎて全体像が把握できないくらい。


まずは巨大な円蓋 クーポラ

20110917-29.jpg  

クーポラ内側には、ヴァザーリらによるフレスコ画「最後の審判」が描かれている

         20110917-25.jpg


少し正面に回り込んで・・・

20110917-27.jpg


ドォウモの正面 こちらも全体像は・・・

20110917-07.jpg


ドゥオモ とお隣の ジェットの鐘楼 と一緒に見上げると こんなカンジに・・・デカイ (゚Д゚;ノ)ノ

20110917-28.jpg



そして、ドゥオモ 手前にはロマネスク様式の八角形のサン・ジョバンニ洗礼堂

写真正面の門は 天国の門 のレプリカで、10枚のパネルに旧約聖書の逸話が描かれている。

20110917-30.jpg



そして、テレビなどでよくみる1. ドゥオモ、2.ジェットの鐘楼、3.サン・ジョバンニ礼拝堂

3つの建物が並んだこの光景。。。壮観でした!

20110917-08.jpg



この日は、おそらく今回の旅行で一番歩いた日。

フィレンチェの街は観光バスが立ち入れない場所が多いらしく、

離れたバスまでショートカットでたどり着くために、普通に駅構内に素通りで入って

20110917-09.jpg


長いホームをひたすら歩いて、そのまま構外へ通り抜け・・・ 自由すぎる気が(笑)

20110917-23.jpg




さぁ〜午後からは、ピサの観光です♪

ピサは今回はじめて!

オプションだったので、フィレンツェの観光に残るかどうか迷ったけれど、行ってよかった〜(*^囗^)b

青い空に映える 白い大理石の大聖堂と 奇跡の広場の緑が、なんとも美しかった! 

20110917-11.jpg



そして、16世紀にガリレオ・ガリレイによる落下実験が行われたという伝説のある ピサの斜塔

思った以上に傾いてるし(笑)

         20110917-10.jpg



奇跡の広場(ドゥオモ広場)の、ピサの宝石箱と呼ばれる円形の 洗礼堂

         20110917-12.jpg

内部は高い2重のドーム天井があって、音響効果がすばらしく、

ちょうど係の方が音響効果を実演披露してくれる時間だというので、

細い階段を2階に上がって、音響を体感することに。

20110917-13.jpg


2階から見下ろすと、中央にあるのは八角形の洗礼槽、左はニコラ・ピサーノによる説教壇

20110917-14.jpg


そして、洗礼槽まで出てこられた1人の男性。

ドーム内に美しいハーモニーが響きました。

1人で歌っているのに、1音ずつ発する歌声が、残響のおかげでハーモニーとなって残るのです。

本当に心に沁みわたる歌声でした。



洗礼堂に対峙するドゥオモ

20110917-15.jpg


ドゥオモの中へ入ってみると、シンプルなイメージのファサードに比べてビックリ!!

まずは黄金の格子天井に、左右の列柱回廊と美しい尖塔アーチ、奥には黄金のモザイク。。。

         20110917-16.jpg



ジョヴァンニ・ピサーノの説教壇   すばらしく緻密なつくり。。。美し過ぎる。

         20110917-17.jpg



ピサで生まれたガリレオ・ガリレイが「振り子の法則」を発見したとされるシャンデリア。

奥のドーム天井には黄金のモザイク

         20110917-18.jpg



美しい礼拝堂には、ピサの守護聖人 ラニエリの聖遺骸

20110917-19.jpg

添乗員さんの、ピサは斜塔よりドゥオモが見所です〜とおっしゃってたことに納得!



もちろんお決まりの写真も撮りましたよ〜!( ̄∀ ̄)b 

         20110917-20.jpg

ちょっと気になったこと!

日本人はほとんどこの「支えるパターン」の構図で写真を撮ってたけど、

外国の方は、反対に「押し倒すパターン」で撮ってるから 立ち位置が反対で

なんかオモシロかった ( *^艸^)プッ


最後に見納めで もう一度パチリ♪ 雲ひとつないお天気で最高でした(o^―^o)v

20110917-21.jpg



フィレンツェに戻って夕食後、今度は夕日をバックに再びの ヴェッキオ橋 (アレ・グラツィエ橋から) 
20110917-22.jpg



アルノ川南岸に目を向けると、高い塔が サンニコロの塔

その奥の丘が、今回は行けなかった ミケランジェロ広場
                                      
                                                   
20110917-31.jpg

フィレンツェの街並みでよくみる景色といえば、このミケランジェロ広場からのもの


ちなみに、写真の方向からして、この丘がミケランジェロ広場かな〜?と思って

縮小前の元画像を拡大したら、なんとビックリ!!

写真上の矢印 あたりに、ダヴィデ像のレプリカらしきもの発見!

いくら巨大な像(レプリカ)とはいえ、この暗さでしかも望遠。。。

今どきのデジカメの解像度、オソロシヤ・・・(゚口゚;)



つづく。



ニックネーム koropi at 14:20| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント