2011年10月18日

2011 イタリア旅行記5

イタリア旅行6日目は、南イタリアへ

ローマより南下するのは 今回初めてです♪


まず向かったのは ポンヘイ遺跡


ポンペイはローマ帝国時代栄えた都市で、劇場、神殿、公衆浴場、商店などが建ち並び、

水道や舗装道路なども整備された商業都市として発展していました。

ところが、西暦79年の ヴェスヴィオ火山 の大噴火によって街は一瞬のうちに灰に埋もれ

18世紀に発掘されるまで 忘れ去られた古代の遺跡は、

古代ローマの都市と人々の生活ぶりを ほぼ完全な姿で今に伝えています。


正面にそびえるのは、人々の生活を一変させた ヴェスヴィオ火山

20110919-01.jpg


街への入り口(マリーナ門)は、2つのアーチに分かれていて、

一つは歩行者用、もう一つは荷馬車などが通過するためのものとして利用されていたそう。

20110919-02.jpg


発掘によって現れたポンペイの街は、整然と区画整理されていて、

舗装された道路は、馬車は中央の車道、歩行者は左右の歩道を通るよう分けられていた。

         20110919-03.jpg
         

20110919-05.jpg


アポロ神殿
20110919-06.jpg


ジュピター神殿
20110919-07.jpg



20110919-08.jpg


水道の蛇口  1900年前ですよ!信じられなくないですか!!
20110919-04.jpg


20110919-09.jpg


公衆浴場の中
20110919-10.jpg


浴場のなかの水飲み場。真ん中から泉の水が湧いていたらしい。
20110919-11.jpg


お風呂の前には居酒屋  丸い穴のなかにワインの壷を入れていたそう
20110919-12.jpg


         20110919-13.jpg


昔もこんなに混雑してたのかな?
20110919-14.jpg


ヴェスヴィオ火山・・・こうして見ると、やっぱり近いですよね。。。

噴火前は、2つに分かれた山頂は1つで、高さも今の倍の高さがあったというから、

その迫力がどれほどのものだったか、想像できますね。。。

20110919-15.jpg


遺跡の一角には、ポンペイ遺跡の出土品が展示されていました。

灰で埋まった遺体は、朽ちた部分に空洞ができて、

その空洞に石膏を流し込み、人や動物の 最期の時を復元しているものも。

思わず目を背けたくなる光景に、居たたまれなくなりました。。。

今回の見学は、広大な遺跡のごく一部だったそうで、

1900年もの昔の生活水準の高さにビックリです!!



遺跡の外に出ると、あっという間に現実の世界に戻って お土産物やさんがズラリ!

どこにでもありがちな この商魂たくましい光景に、なんだかホッとしたかも。。。

20110919-16.jpg




ポンペイ遺跡を後にして ナポリ


ヌォーヴォ城  円塔が特徴的で、なんだかフランスの古城っぽい。

20110919-17.jpg



最近ナポリはゴミ問題で有名になっちゃったけど、ここのゴミ箱は回収されてるみたい(笑)

20110919-18.jpg



世界3大夜景といわれるナポリの町の絶景ポイント ポジリポの丘 にやってきました♪

ただ、夜景じゃないけど・・・(笑)


ヴェスヴィオ火山  山の中腹近くまで建物があって、緑も広がってます。長く噴火はしてないのかな。

20110919-19.jpg


ナポリの街並み  夜景じゃなくても、とっても綺麗でした♪

20110919-20.jpg



サンタ・ルチア港に浮かぶ 卵城  これがコンデジの望遠の限界です・・・

なんだか巨艦のようにもみえますね〜・・・後で近くに行きます

20110919-26.jpg


美しい光景に見とれていると、急激に雲行きが怪しくなってる?(゚Д゚;ノ)ノェエエ工

20110919-21.jpg


翌日は青の洞窟にチャレンジするから、どうかお天気よくなりますように。。。

実はこの日、ワタシ達の観光の間だけ奇跡的にポンペイも いいお天気だったみたいで、

ナポリの町はスコールがあったり、強風で波が高くて、青の洞窟へ向かう船どころか、

ナポリからカプリ島へ渡る高速船すら欠航便が出ていたみたい。

嫌〜な予感を胸に、港に下ります!



ヴェスヴィオ火山 の手前に卵城が見えてきました。

それにしてもよくまぁこんなに詰めて係留できますね〜
 

20110919-23.jpg



あれっ?港におっきなビル??かと思ったら、どこかでみたような船が(爆)

20110919-24.jpg


ベネチアで遭遇したあの船です!

あの時の添乗員さんの懸念が見事に的中して、ポンペイでも、この船のマークを胸に張った

半端じゃない人数のご一行様に遭ってたんですよ!ご縁ですね〜(笑)



ポジリポの丘から 遥か彼方に見えたサンタ・ルチア港に浮かぶ 卵城 です。

20110919-25.jpg

ナポリを支配したノルマン人が要塞として建造したもので、城を築く際に、基礎に卵を埋めて、

「この卵が割れる時は、城はおろか ナポリの街まで危機が迫る」と呪文をかけられたという伝説から

通称「卵城」と呼ばれているそう。

この時点で、海は写真でみるより波が高くて、風も強かった・・・さぁ明日はどうなる。。。



つづく。

ニックネーム koropi at 09:35| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント